世界へ出るための7年計画

30代1級建築士✖️Kindle出版副業中の夫と主婦✖️動画編集フリーランス中の妻の海外移住のための健康/仕事/投資/語学の計画を公開中

コロナ感染療養記と感じたこと

こんにちは〜😀ゆみこです♪

 

コロナウイルス第7波?と盛り上がってますが

流行りに乗って感染しまして、療養期間が明け、日常を取り戻しました!

誰かのお役に立つかな?と思ったので

症状や療養の様子についてをご紹介したいと思います。

 

<初期症状>

なんか足がだるいな〜、なーんか嫌な予感。

風邪かな〜?葛根湯飲んで寝よう。。

って感じで、夜寝る際にはおそらく微熱が出ていたと思います。

いつもビタミンD3、ビタミンC、あと外出した時はオリーブ葉のサプリを飲んでいましたが

油断して2〜3日とってなかったんですね。

感染力が強いみたいなので、予防は難しいと思うのですが、やはり油断は禁物ですね!

 

<1日目>

熱を測ると37度8分くらいだったかな。

これはアウトです!という感じで、発汗しながら寝ていました。

何度も熱を測ったのですが、39度近くまでいきました。

最初に発症したのは私だけなのですが、旦那さん(ユウスケ)に多分

うつすだろうな〜と思いつつ

家庭内での感染予防は不可能として、特に対策はせずでした。サプリ飲むくらい。

症状としては、頭痛。足の嫌な痛みがつらかった😭

この日までは様子をみていて、明日も発熱していたら病院に行こうと決めて

近隣の発熱外来を確認。

この日はユウスケは元気だったのでポカリを買ってきてもらい、

ご飯は家にあるもので済ませました。

 

<2日目>

あえなく旦那も感染したようで発熱を確認。

ユウスケ→38度、悪寒、節々が痛い

ユミコ→37度、頭痛、喉痛、お腹の皮膚が赤い

私はこの日から熱が下がってきました!

足の痛みも解消。しかし喉が痛い〜。あとは、謎のお腹の皮膚が赤く炎症するという症状が

出ました。シャワーを浴びて、お腹を拭いたときにヒリヒリ痛い!となり気がついたのですが

この症状は結構レアなようで、症状が悪化するんじゃないか!?と

不安が募りました。。😭

 

近隣の発熱外来に電話をし、受付へ!

行列ができていましたが、椅子を出してくれていて助かりました。

7月20日のことなので、感染爆発のまさにその日!っていう状況でしたが

医療機関も混乱しているのが伝わってきました。感謝の気持ちでいっぱいに。

2時間ほどで検査と薬を出してもらいました。

鼻に棒をぶっさす系の検査だったので、多分抗体検査?だったのかな?と思います。

血中酸素濃度もそこそこで、いわゆる軽症ですね。

ユミコ→98

ユウスケ→96

家で寝てろ〜って思われるかもですが、ユウスケは会社員なので

隔離の有無確認のためにも必要な検査ではありますね。

1日待って一緒に受診できたのはよかったかなと思います。

 

処方された薬はカロナールトランサミンカプセルです。

5日分処方いただきました。

薬を飲むと発汗がすごかった。滝汗かきながら寝ました。

が、薬飲むとだいぶ頭痛なども治まり楽になりました。

 

当日の夕方ごろに、病院から電話があり、

コロナウイルス陽性を確認しました!との連絡がありました。

 

ですよね〜!!って感じで思いましたw

私がこの日からすでに回復傾向にあったので、お粥を作ったりして過ごしましたが

隔離生活がスタートなのでこれはまずい!と思い

ネットスーパーをはじめて利用しました!

翌日の昼過ぎの配達というのがわかって、感謝感謝でした。

ネットスーパーあって救われました。

 

<3日目>

ユウスケ→38度〜、悪寒、節々が痛い

ユミコ→36度、喉痛、お腹の皮膚が赤い

私の熱はすでに平熱になったので、薬を飲むのはストップしました。

喉が痛くて、唾を飲むと痛いレベルでした。

つらかったけど、まぁ我慢の範囲内って感じはしました。

お腹がとにかく赤いのが不安を募らせ続けていました。

 

しかし熱は下がったので、動画編集の仕事や事務仕事はやっていました。

が、作業を長く続けると調子が悪くなりギブアップ。

キリの良いところまで仕上げて、コロナ感染のため仕事は投げました。

もっと早めにギブアップしていればよかったなと反省もあります。

仕事を受けてから大体2〜3日で納品と短いので、

受けてしまってからのキャンセルは先方も困るだろうな〜と

ちょっと無理をしてしまいました。

安静にしておくことが大事なので、早めの判断が吉ですね。

 

そしてユウスケはまだまだ発熱、悪寒が長く続きます。

仕事はずっと在宅でしたが、お休みをとってずっと寝ていました。

でも連絡が来たら対応してました。

 

!ここから、県、市の保健所からのSMS連絡がスタートです!

1通目は県の感染対策課からの連絡でした。

ハーシスIDというのが伝えられます。

これで、My HER-SYSに登録をして、毎朝9時に健康状態を入力することになります。

 

2通目は自宅療養の注意事項の案内、パルスオキシメーターを届けてくれる連絡

My HER-SYSの連絡、配食サービスの案内です。

 

配食サービスは必要と思い、2人分申し込みました。

これは本当にありがたかったです。

 

あと、この日にネットスーパーの品物が届きました。

非対面でドアの前にビニールを敷いてその上に置いてくれました。

イトーヨーカドー最高!!!

 

<4日目>

ユミコ→平熱。喉の痛みと軽い咳。なんとなくだるい。お腹はまだ赤い?

ユウスケ→38度程度の熱がなかなか下がらず。悪寒も続く

 

午後郵便局からお届け物があり。

こちらもドアの前に置いて頂いたのですが

やってきたのはパルスオキシメーターです!

血中酸素濃度が95を下回ると危険だということなので

定期的に測らせてもらいました。

 

結構変動するので、不安になりました。

そしてこの日に県からの配食が段ボール2つ分届きました。3日分の食糧とのこと。

人の優しさに触れた気がしました。

おかゆやパスタ、缶詰、レンジのご飯などが入っていました。

 

 

<5日目>

ユミコ→平熱。ほぼ完治。喉が痛いのでのど飴を舐める。お腹が赤いのも回復

ユウスケ→やっと熱が下がり始める。しかし本調子ではない。

 

私は3日で熱が下がりましたが、ユウスケは長引いていました。

症状に個人差が結構ありますね。

この日には市から配食サービスが届きました。

え、頼んでないけど?と思いびっくりでしたが、

自動的に配送してくれるそうです。

感謝感謝でした。

 

<6日目以降〜>

割愛していきますが、少しずつ体調が2人とも良くなっていきます。

私は咳が残りましたが、ユウスケは咳はほとんどありません。

お腹が赤くなったのも跡形もなく消え去りました。

 

<思ったこと>

コロナでの仕事についてかなり悩みがありました。

私は自営業で完全在宅なので、コロナだから全く動けないということはありませんし

月契約での事務作業なんかは、バックアップがいないため、対応せざるを得ない感じでした。

発熱がひどい時には流石に寝ていましたが、熱が下がってからは

必要な場合は仕事をしました。

しかし振り返ると複数ミスをしていてやっぱりギブアップして

療養に専念した方がよかったのかなぁと思います。

特殊なケースなのでもやもや残りますが、健康第一と痛感です。

 

コロナに関わらず、病気をすると日常生活が送れないですよね。

体調のキツさもあるし、仕事で穴を開けてしまったりの心苦しさもある。

感染予防にも結局限界はあるようです。

 

免疫がまぁまぁだったのか、軽症で回復できたことが救いですが

これからより一層健康に気をつけて、体力をつけて余裕を持っていきたいと思います。

あとは、人に優しくいられるようにありたいものですね。

 

保健所や病院の対応に苦言を呈している人もいるようですが

心から感謝している人もたくさんいると思いました。

 

長々書きましたが

お腹が赤くて不安な人に届けば良いなと思います。w

私の場合は5日程度で自然治癒しましたよ〜