世界へ出るための7年計画

30代1級建築士✖️Kindle出版副業中の夫と主婦✖️動画編集フリーランス中の妻の海外移住のための健康/仕事/投資/語学の計画を公開中

専業主婦のお金の話〜映画で学ぶ投資〜The Big Short /マネーショート〜

こんにちは☺️ゆみこです♪

 

マネーショートという映画をご存じでしょうか?

結論からいうと、とっても良い映画で

投資家についてを学ぶ良い機会になると思いますのでご紹介していきます!

もちろん私はプロのトレーダーではないので、

主婦投資家レベルの観点での解説ですのであしからず。

 

www.netflix.com

 

リーマンショックから2年前。

世界経済破綻を予測した投資家たちの、実話をもとにしたお話です。

 

タイトルはThe Big Short。世紀の空売りと訳すのが直訳なのですが・・

ショート(空売り)という言葉の認知度が低いからなのか、マネーショートという和訳で

タイトルが付けられてしまっているのが少し残念ですね。。

 

f:id:youyumi:20201116140807j:plain

Big Shortイメージ

 

ロングとショートについて

とっても簡単に説明します。

ロングとは?

投資した商品が値上がりすることを見越して、今買って、高値になった時点で売るいうことです。一般的な投資はロングですね。

ショートとは?

ロングの反対で、投資する商品が値下がりすることを見越して、現在の価格で売り、価格が下がった時に買い戻す、ということです。

ちょっとイメージつかないですよね。。が、とにかくこれを空売りと言います。

投資する商品が値下がりしたら儲けが出る!という大原則を理解すればOKです。

 

リーマンショックとは一体何か?

日本では一般的に、リーマンショックと呼ばれる世界経済破綻。

これは一体なんなのでしょうか?ざっくりと私の理解の範囲でご説明します。

アメリカの住宅市場は安定した大きな成長市場でした。

そこで登場したのがMBSという金融商品です。

モーゲージ証券とは?

モーゲージ証券MBS

住宅用ローン担保証券とも呼ばれる、モーゲージ証券MBS:Mortgage Backed Securities)とは、住宅を購入する際に利用する住宅ローンを担保として発行される債券のことを指します。

サブプライムローンの裏側にあったそもそもの仕組み ー 金融危機に備えて知っておくべきモーゲージ債とは | ASSET NOTES | ASSET NOTES  より引用

 

これが当時のアメリカでは大ヒット。爆発的に売れたそうです。

そして担保する住宅ローンをどんどん増やしていきます。

 

サブプライムローンとは?

リーマンショックといえば、サブプライムローンが原因でしょ!というイメージを

お持ちの方は多いのではないでしょうか?私がそうでした。

これはある意味で正しいといえますが、その繋がりを理解している方は多くないでしょう。

 

サブプライムローンは、通常の住宅ローンの審査には通らないような信用情報の低い人向けのローンである[3]

サブプライムローン - Wikipedia より引用

 

これらのサブプライムローン住宅ローン担保証券RMBSもしくはMBS)の形で証券化され、さらにそれらが債務担保証券CDO)の形に再証券化されて、金融商品として投資家に販売されていたのです。

さらに問題なのは、このような商品の格付けがA だったこと。

 

映画で実態をイメージすることが可能なのですが、信じられない状況です。

この商品の実態に気がついた投資家たちが、

MBSCDOは必ず破綻する!という将来を確信し、空売りをするというお話でした。

実際はCDSという保険商品を買うことで空売りをするというイメージでしょうか。

 

CDSとはCredit Default Swap(クレジット・デフォルト・スワップ)の略称で、社債国債などを対象とした保険契約のことであり、債務不履行といった信用リスクに備えたデリバティブ金融派生商品)契約のことを指します。

サブプライムローン崩壊の裏側にあったCDSとは | ASSET NOTES | ASSET NOTES より引用

 

映画で学んだ投資の罠

バブル景気を疑え

単純に一番感じたことは、景気とは作られたものである、ということです。

現在の日本株式の割高感も国により釣り上げられたもの、というような話もあったり、、

実際の株価などの数字が動かなければ、それは現実ではありません。

サブプライムローンが破綻した際も、すぐには株価には反映されることはありませんでした。

映画を見ていてヤキモキした部分ではありますが、

実態経済と株価指数の乖離は確実に発生するのだなというのが大きな学びでした。

 

盲目になってはいけない

また、優秀そうに見える権威ある証券会社や格付け会社のいうことを

真に受けているだけでは危険だということですね。

これは言うは易し、行うは難し。。ですが、

証券会社を利用していなくても、特定の投資家YouTuberのいうことだけを信じすぎる!

など、気をつける必要はあるでしょう。

経済について学ぶことをやめてはいけないなと思いました。

 

投資で大儲けを考えない方が幸せ

一番大きな学びが、投資で大儲けすることを理想としない方が結局は幸せだということです。

これは人によって感じ方は違うと思いますが、

映画では

リーマンショックで大きな儲けを出した投資家たちは、全然幸せそうじゃない・・・😭

話が大きくなってしまいますが、リーマンショックの被害者は一般庶民です。

大儲けが出るということは、誰かが困窮していることの裏腹だったりします。

投資に大きな夢を見るのではなく、

倹約をして、詐欺的なものから身を守り、投資は上手に利用して資産を最大化する

このくらいがちょうど良いなと改めて学びました。

 

いかがでしたか?

The Big Shortの映画をみた方はぜひ感想を教えてもらえたら嬉しいです♪

投資は面白いですが、ちょうど良い付き合い方を学ぶことも

良い投資家になるために必要なことだと思いました☺️