世界へ出るための7年計画

30代1級建築士✖️Kindle出版副業中の夫と主婦✖️動画編集フリーランス中の妻の海外移住のための健康/仕事/投資/語学の計画を公開中

初めての星野リゾート〜界・鬼怒川〜パート1

f:id:youyumi:20220325123405j:plain

界・鬼怒川


一度は泊まって見たいと思っていた星野リゾート

2月にマイクロツーリズムのキャンペーンを利用して冬の鬼怒川に旅してきましたので

正直レビューをお送りしたいと思います♪

www.hoshinoresorts.com

 

星野リゾートについてのみなさんの印象はどんなものでしょうか?

ミーハーな私としては、憧れリゾート!ホスピタリティー溢れるお宿という印象でしたが

高城氏のメルマガでは厳しい評価ですw

▽Q.7▼▽
星野リゾートに宿泊されたことはありますか?
あらゆる宿に宿泊されてきた高城さんはどう感じたのか気になります。
トップにセンスはあるのでしょうか。

【 A 】
何度もありますが、正直、良いと思ったことは一度もないんですよ(ご関係だったら、すみません)。
特に食事が良いとは言えず、コストに見合いません。
ただ、電話予約を取る手際の良さと対応は、いつも関心します。
営業センスがあるんでしょうね。

 

確かに星野リゾート、高いんですね〜

星のや >界>リゾナー

大きくはこの順に、施設によっても値段が違いますが

今回泊まった界・鬼怒川のお部屋で、1泊2日、2人で6万円〜と言った感じですね。

星のやはもっと敷居の高いお宿で、2泊以上でないと予約が取れなかったりなど

あり、竹富島なんかは食事付き2泊で少なくとも20万以上かかるようでした。

 

ちなみに、今回はマイクロツーリズムのキャンペーンを利用し

おやすめの平日を狙いまして、1泊2日で4万5千円ほどでございました。

庶民的にはこれでも高いですが、この値段だったらコストに見合わない!

ということはないだろうな〜と思う満足度です。

定価でも全然満足される方も多いこととは思いますが、やっぱり高いですかねw

 

界・鬼怒川へのアクセス

f:id:youyumi:20220325164405j:plain

雪の鬼怒川駅

 

送迎のサービスはありません。

鬼怒川駅からタクシーで約10分くらいかと思います。

バスも利用できるそうな↓

鬼怒川温泉駅と、鬼怒川温泉街を結ぶ路線バスがございます。
鬼怒川温泉駅に到着する特急電車に合わせて運行します。
界 鬼怒川の正門前下車後、エントランスまでは徒歩5分となります。
料金:約190円 / 1名
所要時間:ダイヤルバス 約15分 + 徒歩 5分

 

ちなみに私たちは近辺を散策しながら向かおう!と徒歩で向かいました。

雪が降っていた日だったのもあり、歩いて30分くらいかかりました。

しかもちょっと外れた場所にあるので、散策する場所もなくw

バスやタクシー利用がお勧めかな?とは思います。

 

そして正面エントランスに到着すると

モノレールがあり、そこからお宿へ向かいます。

 

チェックイン

鬼怒川は雪深い場所ではないのですが、私たちが泊まった日は大雪に見舞われ

観光もできない感じだったので、早めに宿に到着し、チェックインの時間まで

ロビーで待つことに・・。

ロビーにはフリードリンクのコーヒー、ジュースなどがありました。

 

チェックインは15:00〜です。

チェックインはお部屋で行ってくれました。

待っていたので少し早めにチェックインも案内していただけました。

流石の星野リゾート、スタッフの教育がとてもよくされているのを感じました。

痒いところに手が届く、って感じのサービスで気持ちが良かったです^^

 

お部屋の設備

f:id:youyumi:20220325164633j:plain

界・鬼怒川のお部屋

素敵な和室です。

隣のお部屋からは中庭が見えます。

雪景色が楽しめました♪

お部屋には作務衣と足袋靴下が用意されていて、館内ではそれを着て過ごすことに。

個人的にはかなり良かったですね〜

着替えてレストランとかいくのは疲れてしまうタイプなので。。

 

あとはピンクの特性風呂敷もいただけます。

バック型に結んで携帯を持ってお風呂に行ったりできます。

風呂敷を使うのは初体験だったのですが、便利だし粋だな〜と思いました☺️

 

お部屋ではコーヒーを飲んだり、ゲームをしたりして過ごしました♪

ハマっていたMother2でゲップーを倒した思い出の地になりましたよw

 

ちなみに、SDGsの観点からだそうですが、お水はペットボトルではなく

お家にあるようなプラスチックのボトルに入っていて

コップに注いで飲む方式になっていました。

 

星野リゾートでは産地の特産品を使うことを大事にされているようで

栃木の鬼怒川では、基本的に陶器は益子焼でした。

 

f:id:youyumi:20220326113029j:plain

益子焼

温泉と食事についてはパート2でご紹介しますね〜♪