世界へ出るための7年計画

30代1級建築士✖️Kindle出版副業中の夫と主婦✖️動画編集フリーランス中の妻の海外移住のための健康/仕事/投資/語学の計画を公開中

副業でライティングの仕事を始めてみました

こんにちは!ユウスケです。

 

今日は副業関連のことを書きたいと思います。

Kindle出版はペースが落ちつつも継続でやっておりまして、最近はかねてから興味があったWebライティングを始めてみました。

f:id:youyumi:20210320174550j:plain

 

Webライティングするなら

Webライティングを始めるならお馴染みのクラウドソーシングサイトですね。

大手だとクラウドワークスかランサーズ。

ゆみこさんはランサーズで仕事を受けているので、比較もできるように僕はクラウドワークスで仕事をしてみることにしました。

登録作業なんかは特に問題なく、必要事項を記入して機密保持契約など済ませて、仕事を探し始めます。

 

Webライティングのスタートは本当に単価が低い

 

動画編集の本でも書きましたが、最初は採算度外視で低単価案件をこなして実績づくり、ということで探してみました。

動画編集と比べても、単価の低さが際立ちます!

とりあえずで応募してみた案件は2000文字程度の体験談を書くもので、支払いが200円弱、ワーカー手取りは150円です。

まぁ、お金を少なからずいただいて勉強しながら実績づくり、と思えば良いでしょう。

いや、お金はこの際ないものと考えます。

 

1時間程度で書き上げ、翌日にチェックして提出、という流れで多少の添削がありながらもまずは2本の仕事を終えました。

バイトや仕事の経験談・体験談を載せるサイトに載せてもらえるようで、自分の記事が載ったら見てみたいと思います。

とはいえ、やはり単価は低いですね。1文字あたり0.1円以下です。

 

Webライティングで稼いでいくこと

Webライティングでは慣れてきたら単価1円以上の案件を狙うと良いらしいです。

1時間で2000字を書ければ、修正などなければ単純に時給単価2000円ですから悪くないですよね。

ただ、それにはやはり実績や慣れ、テクニックも必要でしょうからもう少し低単価案件にて経験を積みたいと考えています。

 

2本目として選んだ仕事は

今は2本目の仕事の執筆を始めています。

細かくはいえませんが、電子書籍の原稿とのことです。

支払額で2500円、要求は1万文字なので単価0.25円です。

しかし、電子書籍で売れ筋のジャンルなら、Kindleで出版すれば1~2ヶ月で2500円くらいは回収できるでしょう。

こう考えるとある程度の知識があるジャンルなら、外注に出して自分が権利を持って出版するというのもできるかもしれません。

慣れてきたらそんなこともしてみるかも。

Webライティング×Kindle出版のハイブリッドですね。

 

まぁまさか自分が他人の電子書籍を執筆するとは思っていませんでしたが。

ババっと書いてみましたが、2時間で1万字程度書くことができました。内容はまだまだ甘いものだと思いますけど・・・。

添削などをしてもらえるので、最初のうちは甘えてみようかと思います。

 

 

動画編集と比べると低単価なので心が折れそうにもなりますが、ひとまずは根気よく3ヶ月くらい継続してみて、様子見したいと思います。

 

続報を待て!!